セラピストの資格を取れば怖いものなし|輝く未来に

勉強

子育てのプロになるために

保育所

保育士になるためには独学で国家試験に合格して資格を取得したり、専門学校や短大、大学で一通りの技術や知識を学び、卒業と同時に資格を取得するといった方法があります。中でも大学は、他の方法よりも幅広い分野を学べるというメリットがあります。

詳細へ

医療の分野で活躍する

勉強

療法士になるためには

セラピストとは英語で療法士のことを言い、専門の分野に対して身につけた知識や技術を使って他の人の心身を癒す治療をする者になります。種類によって資格も国家資格から民間資格まであるので、自分がなりたいセラピストの種類はどんな資格があるのか事前に把握しておきましょう。国家資格だとあん摩マッサージ指圧師やはり師、きゅう師などの医療の分野で活躍できる職業があります。民間資格だと、国家資格以外の数多いセラピストの資格を取得することができます。民間資格の場合、仕事とは別に趣味の範囲として資格をとる人も多くなってきているため、人気が高まってきています。そのため、通信教材でも勉強をすることができ、時間や場所を指定せずに自分の好きなときに自由に勉強することができます。

種類

セラピストといえば、一般的にアロマを用いて癒しを提供する者という認識が強いでしょう。しかし、セラピストには主に4つの種類に分かれます。1つ目は非日常の癒しや安らぎを提供するリラクゼーションセラピストです。2つ目はボディケアセラピストです。体の痛みの原因を突き止め、処置を行うことで改善させることができます。3つ目はビューティーケアセラピストです。化粧などの外見に関してはもちろんですが、内面からの美しさについてもケアします。4つ目はメンタルケアセラピストです。心で感じているストレスや悩みに気づいたあげることでアドバイスをし、心の中を軽くさせるお手伝いをします。セラピストは種類によって行う治療法が異なるのが特徴です。

子供のプロを目指す人に

レディ

保育士の学校は多くあり、それだけ社会から求められている仕事と言えます。幅広く保育士を目指せるルートがあり、様々な人材を求めている業界です。子供にとって保育士は、人格形成や成長に大きく影響します。やりがいのある仕事なので、学ぶ学校は慎重に選ぶ必要があります。

詳細へ

幼児教育のスペシャリスト

学生

幼稚園教諭になるには、専門の養成課程を持つ大学・大学院または短期大学で必要な単位を修得し、卒業する必要があります。保育士の資格を持つ者が実務経験を積んだ後に認定試験に合格することでも資格が得られます。

詳細へ