子育てのプロになるために|セラピストの資格を取れば怖いものなし|輝く未来に

セラピストの資格を取れば怖いものなし|輝く未来に

男の人

子育てのプロになるために

保育所

自分に合わせて

独学で保育士を目指す場合は別として、学校に通うことで保育士になるための資格を得たい場合は、基本的に実習が豊富でより実践的なタイプが短大や専門学校などです。一方、実践的なこと以外にも子育てに関する理論的なことや外国語などのさまざまな分野のことを学べるのが大学です。それゆえに大学の場合は就職先も保育関連施設だけでなく、一般企業でも通用することも学べます。こういった違いがありますが、やはり実践的な面では短大や専門学校の方が強みがあると言えるでしょう。その反面、専門的かつ広範囲な事柄を学ぶことや就職の選択肢の多さに関しては、大学の方に分があります。そのため自分の置かれている状況や環境を考慮した上で、より自分に合っている方を選択すれば、後悔なく理想的な保育士に近付くことが出来ます。

四年間学ぶという方法

短大や専門学校と異なり、大学の場合は四年間じっくり保育に関するさまざまなことを学べます。技術などについては短大などでも普通に身につけることができますが、それ以外の保育に関する社会的な状況や問題といったものは、やはり二年間で勉強するには無理があるため、そういったことを学べるのは四年間ある大学ならではです。また就職に関しては、率先力があって給料も安いので大学よりも短大の就職率が良い場合もありますが、保育士そのものが不足がちな現代では、大学卒でも就職先には困りません。また給料面でも短大卒よりも少し高くなるケースが多く、さらに幼稚園教諭は短大なら二種、大学なら一種を取得でき、一種があれば園長になれる可能性が高い傾向にあります。そして公立の保育園などの場合、公務員試験に受からなければいけないため、そういった意味でも学べる時間に余裕のある大学の方が良いでしょう。