幼児教育のスペシャリスト|セラピストの資格を取れば怖いものなし|輝く未来に

セラピストの資格を取れば怖いものなし|輝く未来に

男の人

幼児教育のスペシャリスト

学生

子供に関わる人気の仕事

少子高齢化の進む現代にあってもなお、高い人気を誇るのが幼稚園教諭の仕事です。幼稚園教諭は、小学校入学前の幼児の教育に携わる、国家資格を持った専門職です。保育士との違いは、保育士の職場である保育施設が3歳未満の子供を対象にするのに対し、幼稚園の対象は3歳以上である点です。また、幼稚園教諭はその名からも分かる通り、あくまでも教育を授けるのが本業となります。その点でも、子供の身の回りの世話を中心とする保育士とは異なります。とはいえ、実際には教育以外にも健康管理や生活指導など、幼稚園教諭の行うべき職務は多岐にわたります。そのため、幼児の人格形成に大きく関わる社会的意義の高い仕事として、非常に人気があります。

なり方はいろいろ

幼稚園教諭になるには、いくつかの方法があります。幼稚園教諭には専修・1種・2種という3種類の免許がありますが、この区分はそれぞれ大学院・大学・短期大学の学位に相当します。幼稚園教諭養成課程を持つこれらの機関で学び、必要な単位を修得することによりそれぞれの免許が取得できます。養成課程のある大学及び短期大学は全国に400校あまり存在します。なお、免許の種類によって就くことのできる業務の範囲に違いはありません。また、保育士の資格を持つ者は3年以上の実務経験を積んだ後で資格認定試験に合格すれば、2種免許を取得することができます。最近では幼児教育の多様化が進み、幼稚園と保育園が一体化した施設の数も増えています。そのため幼稚園教諭と保育士の資格を両方取得しておけば、活躍の場を広げられるというメリットがあります。